有効なトレード手法はシンプル!

こんにちは。

Tas39Clubで今夜、WEB勉強会が終わったところです。

講師の◯本先生の説明されていることが、やっとわかってきました。

エントリーに至るまでのシナリオの立て方で80~90%、結果が決まってしまうことに納得してしまいました。

ボリンジャーバンドの2σ3σも関係ないし、RSIもほとんど関係ありません。
このようなインディケーターにばかり注意を払いすぎていると、トレードチャンスが少なくなってしまい、実践的な練習ができなくなるということです。

波形の形をよく見れば、どこからでも入れる。

つまりチャンスはいつでもあるということです。

これまでの手法は2σ3σで逆張り、RSIを重要視、でした。最初に提唱していたのは前◯優◯さんでしたが、実は絶対的なものではなかったのです。
エントリー直前に複数のインディケーターを見ながら判断、なんてできるわけがありません。前◯さんはそのことに気づいていたのではないか、と今になって思います。本質は限られた人にしか伝えていなかったのではないかと。

確かに大事な部分なので仕方がないかもしれませんが、憶測はこのぐらいにします^^

有効なトレード手法は、できるだけシンプルでなければ使えないですし、再現性がありません。

大切なのは

①15分足・5分足・1分足の、中でも15分足の波形でエントリーまでのシナリオを描くこと。
②強く意識されているラインを見つけること。
③エントリー直前は1分足で確認すること。ロウソク足のヒゲに注意。

そして

もっと大事なことは「どんな波形」かということですが、これはお伝えできません^^;

理由は2つです。

①コミュニティ内でしか共有できない内容であること。
②その手法で私自身がまだ結果を出していないこと。(信頼性が0%)

・・・という訳で

これから練習をしてそのスキルを身に着けようと思っています。

もちろんリアルトレードで練習。

1日にどれだけ練習ができるかわかりませんが、知っていることと、できることとは違うので、また何度も負けることでしょう、

でもあきらめずに続けていきます。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

おすすめの記事