バイナリーオプションとFXの使い分け

こんにちは。たかふみです。

前回の記事で

・バイナリーオプションで多く用いられている手法のほとんどが逆張り手法。
・順張り手法を取り入れなければ勝てない。
個人的にはFXをしたほうが安全度が高い

というお話をさせていただきました。

それではもうこのブログは終わりなのか、というと そうではありません。
たとえ誰も読まなくても続けていきます。

そしてバイナリーオプションも続けていきます。

 

その理由は、場面によってバイナリーオプションとFXの使い分けができるのではないかと思ったからです。

 

今回はバイナリーオプションとFXの使い分けに関するお話です。

 

FXとバイナリーオプションの特徴を考える

FXの場合は上位足のトレンドに逆らってエントリーすると、勝つことが大変になります。

 

例えば最近のドル円の相場で言うと、日足・4時間足が下降トレンドなので、下位のどの時間足でも売りポジションを持つことが勝ちにつながります。

 

多少エントリー時にミスをしても、上位足のトレンドに沿ってポジションを持っているなら、戻ってきて勝つ可能性もあるからです。

FXは上位足のトレンドに沿ってエントリーするのが鉄則です。

もし買いエントリーのチャンスだと判断をして、買いポジションを持つと、時間が経てば経つほど含み損が膨れ上がります。
仮のお話ではありません。つい最近、私自身がFXでやってしまったことだからです。

これに対して

バイナリーオプションの場合は、大きな違いがあります。

それは時間(判定時刻)が決まっていることです。

上位足といってもせいぜい15分足チャートでシナリオを考えればよいのです。
最終的には5分足と1分足で判断してエントリーします。

FXのスキャルピングのようなイメージです。

順張りでも逆張りでも15分足チャートのトレンドに沿ってエントリーすればよいので、
1時間足や4時間足や日足の影響を考える必要はないのです。

つまり、15分足チャートが上昇トレンドなら、1時間足が下降トレンドであっても
Highでエントリーという訳です。15分足チャートがレンジ相場なら理想的ですね。

バイナリーオプションは、1時間足や4時間足のような大きな時間足の影響を受ける前にトレードが完了してしまう、というのがFXとは大きく違うところなのです。

 

FXとバイナリーオプションの使い分け

この2つの特徴を考えた結果、次のように使い分けることができると考えました。

相場にトレンドが起きている場合で、上位足のトレンドに沿ってエントリーできる場合にはFXでトレードをする。

つまり、上位足が下降トレンドなら、FXでは売りエントリー。
上位足が上昇トレンドなら、FXでは買いエントリー。

これに当てはまらない場合には、スキャルピングをするか、バイナリーオプション。

上位足が下降トレンドの場合には、買いエントリーをしない。売りエントリーができる位置まで待つかバイナリーオプションにする。
上位足が上昇トレンドの場合には、売りエントリーをしない。買いエントリーができる位置まで待つかバイナリーオプションにする。

※スキャルピングをするならXMの場合、スプレッドの狭いゼロ口座がお勧めです。
スタンダード口座ではスキャルピングが非常にやりにくいと言えます。

 

まとめ

FXとバイナリーオプションの特徴を考えて使い分けすることも1つの方法。
FXは上位足のトレンドに沿ってエントリー。

トレンドに沿ったエントリーができない場合は、できるまで待つ。
またはスキャルピングかバイナリーオプションに切り替える。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

おすすめの記事